時折手首の血管が手首から独立してビクビク動いている様に見えるという人がいます。
人によっては不気味に見えるこの現象は腕を万歳して下ろす事で弱まる物となっているのですが、では何故この様な現象が引き起こされるのでしょうか?
今回はこの事について説明していきたいのですが、結論から言いますとこれには幾つかの事柄が考えられる現象となっているのです。
まず1つ目はその動いている血管というのが動脈であるという事なのですが、これは身体の深部を走っている為に殆どの人の場合その動きを察知する事は出来ない物となっています。
しかしこの動脈は一部の痩せた人の手首の一部がピクピク動いているのを見て動きを確認出来る物となっている他、人によっては通常の状態よりも動脈が体表面に近い場所を走っている為に動きが判るという人もいる物となっているのです。
その為この場合においては余り心配は必要無い物となっているのですが、実はこの動くという現象は2つ目の事柄である危険信号であるという場合も考えられる物となっています。
これには主に2つのパターンが考えられる物となっており、その1つ目となるのが血行障害になるのです。
この場合においては血行が悪い事によって詰まった感じや冷えた感じがするだけでなく自律神経が狂う物となっており、これによって手首から独立して血管が動く物となります。
2つ目は静脈が蛇行している場合で、実はこの場合には静脈瘤である可能性も考えられる物となっているのです。
その為、この現象が気になる様であれば病院で診察を受けるのも1つの手であると考えられます。血管年齢若返り体操が最近注目されていますね。